2017年01月16日

8人の富豪の資産が、世界人口半分の総資産と同額!?

富は偏るものだということは昔から知られているが、その偏り具合が激しくなっているようだ。

1月16日に国際非政府組織(NGO)オックスファムが発表したところによれば、世界で最も裕福な8人の資産合計が、世界人口のうち経済的に恵まれていない半分である36億7500万人の総資産額と同じだという。

その額なんと、4260億ドルで約48兆7000億円相当となる。この額をわずか8人の富豪が保有しているのだという。

しかもこの貧富の格差は広がっているようだ。

同NGOの調査によれば、1988年から下位(つまり貧しい)10%の収入は年平均3ドルも増えていない。

一方、上位(つまり富豪)1%の収入は182倍にも増えたという。

また、1年前は世界人口の半数と同額の試算を持つ富豪は62人だったという。それがわずか8人にまとまってしまった。

同NGOは、この状況の原因を「縁故資本主義」だというが、私に言わせればグローバル資本主義でしょう、となる。

対策として課税制度の是正を行うと言うことについては同感だが。

そして同NGOは、今回発表した格差は、既に「社会を分断する脅威」となるレベルに達しているという。

ちなみに8人の富豪には、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、ジェフ・ベソスらが含まれておる。

そんな中から反グローバル主義が台頭してくるはずだ。それば英国のEU離脱や米国のトランプ氏の大東町当選につながっているのだろう。

それにしても、私のような者からは、お金って逃げていくのよねぇ。切ない…。


【参考】
富豪8人の資産合計額=下位36億人分 NGO警告「人道的な経済を」

世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中
posted by しげぞう at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック